2019年フールオン 内容決定!

マジカルミステリーバスでビートルズの時間旅行に出かけよう!

今年のコンセプトは「ジョンの目を通して見たビートルズの旅」
ステラボールは大きな大きなマジカルミステリーツアーのバスとなります。
乗車OK?  発車オーライ!
デビュー当時から解散後のソロ時代まで、
ビートルズの時間旅行に出かけよう!

※開始時間は15時(入場は30分前)を予定しています
(現時点詳細未定。変更になることもありますので目安とお考え下さい)

 

本 編  (15時~19時半)

1.ビートルズライブ時代(15時15分)

リバプールの若者たちが、地元の友達同士で組んだバンド・・ありふれた日常は、いつから「奇跡の出逢い」と呼ばれるようになったのか。町の小さなライブハウスから、ドイツハンブルグへ、夜通しのライブ営業時代を経て、時代は彼らを世界へ押しあげた。マジカルミステリーバスの最初の停留所は、ビートルズがライブバンドだった1965年前後、熱狂の渦に包まれたライブ会場です。
Beat Mastersの演奏でお届けします!

2.ビートルズ解散(16時20分)

ビートルズがライブを行ったのは、たったの5年足らず。その短い間に、幼さを残していたその風貌は、まるで10数年の月日を感じさせるほどに変わり、サウンドも同じバンドとは思えないほどの変遷を遂げたビートルズ。
1970年、ビートルズ解散。最期の曲とも言える「The End」で彼らが残したメッセージとは?!
発売50周年をむかえたアルバム「アビーロード」全曲を、あのCOMMA-DADAが再現します!

3.ジョンソロ時代(17時40分)

ヨーコとの出会い、ビートルズの解散、心のトラウマを吐き出すように音楽を作ったジョンは何を見ていたのか。
日本を愛し、毎年の夏を軽井沢で過ごしたジョン。すぐ戻るからと急遽ニューヨークに旅立ったきり、戻ることはなかった・・・。時間旅行の最後の停留所は軽井沢。お気に入りのカフェに忘れていったライターの実話を交え、フールオンが得意とするストーリーライブで、プラスチック小田バンドによるジョンソロの世界へ誘います。

☆ 藤本 国彦ビートルズ トリビアトークショー(16時)

  • ビートルズのくすっとしちゃうエピソード
  • ビートルズはなぜ解散に向かったのか?
  • ビートルズ4人はビートルズをどう思っていた?
  • ビートルズ再結成の可能性はあったのか
などなど・・・
 
【藤本 国彦プロフィール】
ビートルズ研究家。主な編著は『ビートルズ213曲全ガイド』『GET BACK…NAKED』ビートル・アローン』『ビートルズ語辞典』『ビートルズはここで生まれた』『ビートルズ・ストーリー』シリーズなど。
映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』の字幕監修(ピーター・ホンマ氏と共同)も担当。

☆ 鍜治 陽子キルト展

作家鍜治はリアルタイムのビートルズファン。
「ビートルズ大好き!」な思いからビートルズをモチーフにしたキルト作りをはじめ、いつしかそれはライフワークとなった。
その思いは本場リバプールに届き、2017年の夏、鍜治の作品は、ジョンとポールの出会ったあのセントピータース教会の本堂で展示されるという奇蹟を起こした。
リバプールの空気と人々の感動をたっぷり含んで帰国した奇蹟のキルト全て、フールオンで展示決定! ビートルズは演奏だけでなく、それぞれの形、それぞれのアートで、私たちを繋いでいる・・

WELCOMEライブ  (11時~14時)

それだけじゃないよ!
本編の前に、WELCOMEライブが開催されます!
こちらはフールオンに賛同してくれた一般公募のバンドさんによる演奏をお楽しみいただけます。
会場内で販売されるお好きなドリンクやフードを飲んだり食べたりしながらライブをゆっくり楽しんでください。
出演:The AppleHoney/THE BEATNICS/Re:ORIENT/Woodbell/KoToA

ウェルカムライブ観覧ご希望の方は、「一般シート(ウェルカムライブ通し)」または「サポーターズシート」のチケットをご購入ください。
本編だけじゃ物足りない!たくさんのバンドさんをもっと見たい!という人は、本編前から楽しんでください!

※開始時間は11時(入場は30分前)を予定しています。

(現時点詳細未定。変更になることもありますので目安とお考え下さい)

and more・・・

もちろん今年もサプライズ企画満載!
お客様参加型企画、「え?こんなところにあの人が?!」、Beatlesパネル・アビーロードの横断歩道で写真撮っちゃおうコーナー、ビートルズグッズ・・・幕間も油断できないぞ!

 

INDEX
2019年
2018年アーカイブ
全国のバンド紹介