2019年フールオン 出演アーティストご紹介

 

THE BEATMASTERS

2005年5月に結成されたザ・ビートルズ・トリビュート・バンド。首都圏を中心にイベント出演やライブハウスでの活動を積極的に行っている。何度かのメンバーチェンジを経て2017年4月から現在のメンバーで活動開始。レパートリーはデビュー前〜後期まで約130曲を数える。
2014年、Super rock tribute show『LEGEND OF ROCK』に初参戦。2018年には東京・名古屋単独公演で大成功を果たし、本年7月14日に開催される『LEGEND OF ROCK in 日比谷野音'19』への出演が決定している。
衣装や楽器、サウンドへの拘り、なりきり度はピカイチ! 彼ら的には毎回「リバプールから来日してジャパンツアーを行っている」らしい(笑) トークでも最高に楽しませてくれる彼らのライブは、いつも満席だ。

Nackey (as John Lennon)
Pocky (as Paul McCartney)
Shake (as George Harrison)
Micchie (as Ringo Starr)

 

COMMA-DADA

 

2009年六本木キャバンクラブを脱退後の永沼忠明が、ジョンレノンプレイヤーとして長年の実績をもつ小松陽介とタッグを組み、枠にとらわれない本格志向を掲げて活動するビートルズトリビュートバンド。
ビートルズ楽曲はもちろん、解散後のソロ楽曲まで、レパートリーの豊富さ、クオリティーの高さは、世界的に類を見ないほどの圧倒的な完成度を誇る。
久保肇、松崎晃之、土屋剛、黒岩典英、鈴木みほと、ビートルズトリビュート業界のトップクラスのプロフェッショナルたちが脇を固め、毎週木曜日、八重洲ヒットスタジオで行う定期ライブを満席に埋め尽くしている。
 
フールオンの主旨に賛同し、同じビートルズファンとして楽しい場所を作ろう!と、垣根を飛び越えてくれたCOMMA-DADA、アマチュアとプロの壁を越えた今年のフールオンは何かが起こる!
 
<コマダダと共演するフールオン管弦楽団>
福島香奈/絹巻久美/宮永浩美/美島咲子/西裕子/たいちん/宇佐美 光正/絹巻俊史/旦紀子/
梅谷陽玄/佐伯康夫/羽生千恵/飯嶋宏(JJ)
 

プラスチック小田バンド

ジョンソロといえば小田バンド!
ハッピー小田島のジェラスガイを2小節聞くだけで涙する女性は数知れないとか知れるとか・・・(笑)
小田バンドは、2001年にビートルズバンドとして結成されたが、のちにメンバーが欠けたとき「アルバム"ジョンの魂"は 3人でやっているから出来るのでは?」と始めたことをきっかけに、バンド名も変え、ジョンソロバンドとしての現在の形に至る。
「ジョンをやるならジョンレノンミュージアムで!」と、当時行われていたバンドコンテストに参加したところ、2003年、百数十組の応募の中からにラブ&ピース賞を獲得! 以後、ジョンレノンミュージアムと年末のけやき広場でのイベント「LOVE&PEACE」に、トリのメインバンドとして17年連続出演。他ライブハウスやLEGEND OF ROCK等イベントにも出演実績を持つ。

ハッピー小田島(Rg.Vo.)
クリフ(B.)
杉(Lg.)
トヨミ(key.)
ウッチャン(Dr.)
Hiromi(Sax.)
ゆかり(Cho.Par.)
ゆきの(Cho.Par.)
かっちゃん(Cho.Par.)
あやにゃん(key.)

 

藤村忠生

舞台役者。
プラスチック小田バンドの楽曲に乗せて繰り広げるジョンレノンストーリーで、ジョン役を演じる。
 
「大阪アクタープロ、劇団木冬舎、劇団ランプティパンプティを経て、Jプロジェクトを旗揚げる。2000年に活動停止後、JOEカンパニー、村尾幸三SHOW ONE'S FEELINGs、劇団ワンツーワークス、K-FRONT+、TYPES 他、フリーで映像、舞台等で活動中。
兄の影響で幼少よりビートルズに触れ、影響を受け、将来はミュージシャンになることを夢見る少年だった。1996年から10年強、阿佐ヶ谷にて、ロックバー「ストロベリーフィールズ」を経営していた経歴も持つ。
ホームページ:http://tadfuji.jimdo.com/

10月に公演が決まっている。
ワンツーワークス #29
「死に顔ピース」
10月24日〜11月3日。
中野 ザ・ポケットにて、出演予定。

倉多七与

舞台役者。プラスチック小田バンドの楽曲に乗せて繰り広げるジョンレノンストーリーで、ヨーコ役を演じる。
 
20代でフランスへ渡り、ジャック・ルコック国際演劇学校にて演劇を学ぶ 。
帰国後はシアターカンパニー ク・ナウカ、オフィスワンダーランドなどにて舞台出演多数 。
ギャラリー空間を利用した自作パフォーマンスの発表も度々行なっている。繊細なドラマ作品から軽妙なコメディまで幅広い出演歴を持つ。
 
現在はオフィスワンダーランド所属。
10月公演が決まっている。
http://office-wonderland.com/page-319/?fbclid=IwAR1-4ovH_gW1qtK1-IrBC9cXAkUzNGMczhCrVt2onvfOHuhClK95xUQKLcM

山中一彦(カズy)

劇団「横綱チュチュ」所属
横浜市を中心に活動している市民劇団で「心があたたかくなる劇を届けます」をモットーに、地域に愛される劇団を目指す劇団員の一人(役者)。
現在、秋の本公演と春の小笑SHOW公演を中心に活動中。
11月には、同劇団の第16回本公演「GOLD」に出演します。
本人は、現在ホーミーにハマっている。
劇団HP http://yokoduna-chuchu.chu.jp/
劇団Facebook https://www.facebook.com/yokoduna.chuchu/
 

La☆Busguides

70年代後半から80年代前半にかけて日本でも大流行した女性コーラスを中心としたB級DISCO曲を日本語オリジナル歌詞をのせて唄う女性コーラスユニットとして結成。

最近では、DISCOに限らずFUNK・Rock'n roll・Reggae・Ska・SwingJAZZから昭和歌謡まで、老若男女にかかわらず幅広い層に向けた完全無欠の観光エンターティンメント!をめざし、 全国各地のイベント、企業パーティなどで活躍中。

2017年5月、ベルウッドレコードより3rdアルバム「ありがたや!」を全国一斉発売☆

 

 

The River Birds

令和に結成された、ビートルズトリビュートバンド。
ベテランとルーキーで構成されたメンバーでノリの良さと安定性を兼ねそろえている。
8月から六本木ABBEY ROADのレギュラーバンドとして活動する彼らは、都内では同店のみの限定活動となるが、今回、メンバーの熱い気持ちによるスペシャルな友情出演が決定!
フールオンのオープニングを飾る!

山口大志 / Daishi Yamaguchi (Vocal,Rhythm Guitar)
手島正揮 / Masaki Teshima (Vocal,Bass,Piano)
髙野健人 / Kento Takano (Lead Guitar,Vocal)
杉山安曇 / Azumi Sugiyama (Drums,Vocal)
ナカノサキ / Saki Nakano (Keyboards,Vocal)

facebookページ:https://www.facebook.com/RiverBirds.jp/

 

WELCOMEライブバンド

本編前のWELCOMEライブを盛り上げてくれるのは、一般公募で応募してくれたバンドさんたち。
自己PRをお願いしました!

The AppleHoney

The AppleHoney

2011年7月結成、メンバーチェンジもあり現メンバーで3年程まえから活動しています。下北沢ブレスさんを拠点に活動して、ブレスさんにて、春ブレ、夏ブレ、秋ブレ、クリブレ等ライブイベントも随時主催しています。

ジョントーマ(ジョン)
ポールヨシタケ(ポール)
ヨージハリスン(ジョージ)
マッキースター(リンゴ)
ピアメロ(キーボード)

THE BEATNICS(ザ・ビートニクス)

THE BEATNICS

東京、埼玉、神奈川を中心に演奏活動をしています。できるかぎり、ビートルズの演奏に近づけることを目標にしています。特に、歌やコーラスの美しさを大切にしています。越谷アビーロードでのライブ+セッション会のホストバンド、また練馬だいこんの華ビートルズライブでのホストバンドとして定期演奏を行うほか、下北沢ブレスのビートルズ大会、大宮オトミライなどのイベントにも参加しています。

(Paul) 浜村政志(マーシー)
(John) 徳江雅彦(ティージェイ)
(George) 岡田訓明(オカピ)
(Ringo) 金井正美(ドクター)

Re:ORIENT

Re:ORIENT

バンド活動20年以上。お祭りや各種イベント、自主興行ライブ、施設のボランティア等でカバーやオリジナル曲を演奏してきました。現在メンバーは3人なので、他の音が欲しい時は、あらかじめ自分たちで演奏したものをシーケンスで同期演奏しています。

リノ(ボーカル)
ナオキ(キーボード)
メグミ(ドラム)

Woodbell

KoToA

バンド結成から20年位で市民会館等でのビートルズフェスタ等にに出演。ヴォーカルハーモニーが自慢の真面目な50代のオジサンバンドです。

ベース・ヴォーカル 山田
ギター・ヴォーカル 鈴木
ギター  白水
ドラム  上田

キーボード  松井

 

KoToA

KoToA

「歌謡チックでポップなロックンロールを令和最新音楽として世界に発信してゆく」をコンセプトに活動している20代のバンドです。今回はビートルズオンリーのセットリスト。僕たちの原点でもあるビートルズのイベントに出演できることは大変光栄です。大切に演奏させていただきます。

アキト(ジョンストン)リズムギター
コースケ ベース
ケースケ リードギター
トモナリ ドラム

INDEX
2019年
2018年アーカイブ