2019年フールオン 出演アーティストご紹介

THE BEATMASTERS

2005年5月に結成されたザ・ビートルズ・トリビュート・バンド。首都圏を中心にイベント出演やライブハウスでの活動を積極的に行っている。何度かのメンバーチェンジを経て2017年4月から現在のメンバーで活動開始。レパートリーはデビュー前〜後期まで約130曲を数える。
2014年、Super rock tribute show『LEGEND OF ROCK』に初参戦。2018年には東京・名古屋単独公演で大成功を果たし、本年7月14日に開催される『LEGEND OF ROCK in 日比谷野音'19』への出演が決定している。
衣装や楽器、サウンドへの拘り、なりきり度はピカイチ! 彼ら的には毎回「リバプールから来日してジャパンツアーを行っている」らしい(笑) トークでも最高に楽しませてくれる彼らのライブは、いつも満席だ。

Nackey (as John Lennon)
Pocky (as Paul McCartney)
Shake (as George Harrison)
Micchie (as Ringo Starr)


COMMA-DADA

 

2009年六本木キャバンクラブを脱退後の永沼忠明が、ジョンレノンプレイヤーとして長年の実績をもつ小松陽介とタッグを組み、枠にとらわれない本格志向を掲げて活動するビートルズトリビュートバンド。
ビートルズ楽曲はもちろん、解散後のソロ楽曲まで、レパートリーの豊富さ、クオリティーの高さは、世界的に類を見ないほどの圧倒的な完成度を誇る。
久保肇、松崎晃之、土屋剛、黒岩典英、鈴木みほと、ビートルズトリビュート業界のトップクラスのプロフェッショナルたちが脇を固め、毎週木曜日、八重洲ヒットスタジオで行う定期ライブを満席に埋め尽くしている。
 
フールオンの主旨に賛同し、同じビートルズファンとして楽しい場所を作ろう!と、垣根を飛び越えてくれたCOMMA-DADA、アマチュアとプロの壁を越えた今年のフールオンは何かが起こる!

 

プラスチック小田バンド

ジョンソロといえば小田バンド!
ハッピー小田島のジェラスガイを2小節聞くだけで涙する女性は数知れないとか知れるとか・・・(笑)
小田バンドは、2001年にビートルズバンドとして結成されたが、のちにメンバーが欠けたとき「アルバム"ジョンの魂"は 3人でやっているから出来るのでは?」と始めたことをきっかけに、バンド名も変え、ジョンソロバンドとしての現在の形に至る。
「ジョンをやるならジョンレノンミュージアムで!」と、当時行われていたバンドコンテストに参加したところ、2003年、百数十組の応募の中からにラブ&ピース賞を獲得! 以後、ジョンレノンミュージアムと年末のけやき広場でのイベント「LOVE&PEACE」に、トリのメインバンドとして17年連続出演。他ライブハウスやLEGEND OF ROCK等イベントにも出演実績を持つ。

ハッピー小田島(Rg.Vo.)
クリフ(B.)
杉(Lg.)
トヨミ(key.)
ウッチャン(Dr.)
Hiromi(Sax.)
ゆかり(Cho.Par.)
ゆきの(Cho.Par.)
かっちゃん(Cho.Par.)


藤村忠生

舞台役者。
プラスチック小田バンドの楽曲に乗せて繰り広げるジョンレノンストーリーで、ジョン役を演じる。

「大阪アクタープロ、劇団木冬舎、劇団ランプティパンプティを経て、Jプロジェクトを旗揚げる。2000年に活動停止後、JOEカンパニー、村尾幸三SHOW ONE'S FEELINGs、劇団ワンツーワークス、K-FRONT+、TYPES 他、フリーで映像、舞台等で活動中。
兄の影響で幼少よりビートルズに触れ、影響を受け、将来はミュージシャンになることを夢見る少年だった。1996年から10年強、阿佐ヶ谷にて、ロックバー「ストロベリーフィールズ」を経営していた経歴も持つ。


倉多七与

舞台役者。プラスチック小田バンドの楽曲に乗せて繰り広げるジョンレノンストーリーで、ヨーコ役を演じる。

20代でフランスへ渡り、ジャック・ルコック国際演劇学校にて演劇を学ぶ 。
帰国後はシアターカンパニー ク・ナウカ、オフィスワンダーランドなどにて舞台出演多数 。
ギャラリー空間を利用した自作パフォーマンスの発表も度々行なっている。繊細なドラマ作品から軽妙なコメディまで幅広い出演歴を持つ。

現在はオフィスワンダーランド所属。
10月公演が決まっている。
http://office-wonderland.com/page-319/?fbclid=IwAR1-4ovH_gW1qtK1-IrBC9cXAkUzNGMczhCrVt2onvfOHuhClK95xUQKLcM

WELCOMEライブバンド

募集中

お待ちください

募集中

お待ちください

募集中

お待ちください

募集中

お待ちください

INDEX
2019年
2018年アーカイブ